うるおいのある肌は保湿から

肌の正しい保湿の仕方

文字通り、保湿とは「湿気を保つこと」です。つまり、適度に肌の水分を維持するためのスキンケアなのです。
実は、この保湿の意味を正しく理解していない人はたくさんいるのです。健康な肌の各層には、約20%〜30%の水分が含まれています。乾燥肌は、これが20%以下になったときです。冬場など、空気中の湿度が50%以下になると、各層の水分が急激に蒸発しやすくなります。肌がつっぱるなどの症状がでてきたときには、肌の水分がわずか10%以下になっていることもあります。
つまり、保湿は、肌から水分がなくならないようにするという役割があるのです。しかし、もともと人間の肌には水分を維持するしくみが備わっています。その機能は年齢を重ねるとともに低下してしまうので、それを補ってあげるのが、保湿の目的なのです。

<保湿に対する間違った常識>
@肌がカサつくときは化粧水をたっぷりとつける
A化粧水はシートマスクで肌にじっくり浸透させる
B化粧水が蒸発しないように油分でフタをする
Cテカリ、ニキビ肌なので保湿は省略してもよい
D肌の潤いを逃がさないように洗顔料はしっとりタイプを選ぶ


「肌がうるおう」ってそもそもどういうこと?

肌の水分といえば、化粧水と思われがちです。
しかし、水そのものを与えても蒸発してしまうので、保湿にはならないのです。また、化粧水が蒸発しないように乳液でフタをすれば保湿は万全だと思っている人も多いと思いますが、それは実は間違いです。油分の保湿力はさほど高くないのです。
水分を体の外から取り入れるのではなくて、体の内側から湧き出る水分を肌の中で維持するようなサポートをすることが本当の保湿の仕方なのです。
潤った肌は、正しい保湿ができている証拠です。肌が潤った状態とは、「保湿物質」を肌が自らつくり出し、水分を各層内に蓄えておける状態のことです。きちんと保湿物質が
働いていれば、湿度が0%になっても水分は蒸発しないのです。この保湿物質をつくる力が弱まることで、肌が乾燥するのです。
肌の潤いを維持するカギを握るのは、「セラミド」です。セラミドは、各層の細胞と細胞をつなぐ役割もしているのです。
このセラミドが水分をはさみ込み、さらに細胞と細胞をしっかりと接着しているからこそ、肌は水分をキープすることが出来るのです。


肌の保湿力ナンバーワンはセラミド!

実は、各層の水分を守っている保湿物質には、
@皮脂 
A天然保湿因子 
Bセラミドなどの角質細胞間脂質 
の3つがあります。
これらが助け合いながら、水分をキープしているのです。
各層の水分のうち、80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質が、16〜17%は天然保湿因子が守っているのです。皮脂の果たす役割は2〜3%と非常に小さく、水分を守る力はほとんどありません。肌の水分を守る最大のカギとなるのが、セラミドなどの角質細胞間脂質なのです。
もともと、脂質は水とは結合しないのですが、セラミドは水分と結合し、その水は湿度が0%になっても蒸発せず、気温がマイナス20℃まで下がっても凍らない性質を持っているのです。
セラミドは、あらゆる環境に対応する、まさに保湿のスペシャリストなのです。つまり、たっぷりとセラミドを含んだ肌は、潤いに満ちているということになります。なぜ赤ちゃんの肌が潤いたっぷりのプルプル肌なのかというと、大人の肌に比べてセラミドの量が豊富だからなのです。


気になる二の腕やおなか周りのぜい肉・脂肪を効率よく落とすには、エステサロンでプロの施術を受けるのがおすすめです。
脱毛は自己処理よりもプロのエステシャンがいる脱毛サロンを利用するの方が安心です。
貧乳に効くベルタプエラリア


リンク
脱毛ラボエタラビ脱毛サロン